時給の交渉をするとき | 本気でお金に困らない生活がしたいなら、夜系の求人を見ていこう

本気でお金に困らない生活がしたいなら、夜系の求人を見ていこう

時給の交渉をするとき

優雅に食事を楽しんだ女性

キャバクラで働く際に、面接を受けることになるのは当然のことです。
そして人によってはキャバクラの面接において「時給交渉」をする人もかなりたくさんいます。

時給交渉が成功すればスタート時の時給がいきなりアップした状態になるので、できることならやっておきたい交渉だといえるでしょう。
ただし時給交渉はハッキリいって諸刃の剣です。
基本的にはどのキャバクラでもいきなり最初からキャストの時給を高く設定するのは抵抗があります。
だから時給交渉が決裂する場合は、高確率で不採用になると思っておくべきでしょう。

ではそれでも時給交渉はしておきたい!という人のために、ここで簡単なアドバイスをしていきたいと思います。
まず時給交渉をする際には、自分がどれだけキャバクラに対して貢献できるのかを考えて、それをちゃんと面接官に伝えるようにしてください。
あなたが面接官の立場だったら、あまり働いてくれない人とか変な人に対して時給なんて上げたくないですよね。
つまりは全力で貢献できるようにアピールする必要があります。

たとえばシフトの希望を面接のときに聞かれたりするでしょう。
その際にはもちろん「レギュラー勤務できます!」とか「できるかぎり毎日入りたいです!」といった感じで伝えてください。
ほとんどのキャバクラでは週に4日以上勤務できる人を求めているので、それよりも少ない日数で出してしまったらまず時給交渉なんてできません。
ただしいくら時給をアップしてもらいたいからといって、嘘をつくのはダメです。
ちゃんといった通りに動かないと、後から強く怒られてしまう可能性もあります。